広島在宅サポートセンターは、これまでも健康管理、清潔保持に努めておりますが、この度の新型コロナウイルス流行を受け、以下のようにスタッフの更なる感染防止の徹底を行っております。ご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

①全スタッフは出勤前に自宅で検温、出勤後も全員検温を行い、37.5℃以上あるときは出勤せず、 自宅待機としています。

②勤務時間は全職員マスクを着用します。 (利用者様やご家族に 37.5℃以上の発熱やその他の症状があり、医師より感染防止対策の指示がある場合は、マスク、感染防止のガウン、メガネ等を着用して施術をさせて頂くことがあります)

 

③訪問前後で手洗いを実施しています。訪問時に洗面所等の使用にご協力いただけると助かります。

 

④手洗いが行えない場合や必要時は、アルコールにて手指等の消毒を行います。

 

⑤スタッフには勤務外での不要不急の外出は控えるように指導しています。

 

⑥訪問時、飲食することを禁止します。 (お気持ちでお茶を出してくださる方もおられますが、勤務中の飲食は固く禁じておりますのでお断りさせていただきます。)

 

⑦訪問時、利用者様・ご家族様に特別な事情を除き、マスクの着用をお願いしております。また 37.5℃以上の発熱があった場合、施術を中止させていただきます。

 

以上の対応のため、急な担当変更や、時間変更をお願いすることがあると思いますが、皆様の安全と感染拡大防止のため、ご理解とご協力お願いします。

 

 

※ご希望の場合、施術者がフェイスシールドを装着して訪問しております。

 

ご利用者様自身のマスク着用・手指の消毒にご協力いただき、お部屋の換気のため、了承を得てから窓をあけさせていただくことがございます。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。