状態

自宅内、T字杖歩行またはサークル歩行。
右膝の変形性関節症のため、人工関節置換術後屈曲30°くらいで拘縮。
足部(外反母趾)・足関節(内反位)・手指・肘関節にも変形あり。
独居でほぼ身の回りのことは自立しているが、靴下が履けない。

症状

肩こり、腰痛。四肢の関節痛・筋力低下。
右膝をかばうため、姿勢・歩容悪い。右股関節筋力低下により不安定。

施術

頚肩部・腰部・四肢のマッサージ。下肢の可動域訓練・筋力訓練。
荷重バランス訓練。

経過

姿勢をよくすることで、頚部や腰部・下肢への負担を軽減できた。
体幹の動きも良くなったため、寝返りや起き上がりの動作も楽になった。


※効果には個人差があり、保証するものではありません。

※介護保険第2号被保険者特定疾病:☆ 難病指定:★

※拘縮・・・皮膚や筋肉など関節の動きが、一定方向に制限される状態を指します

※四肢・・・上肢と下肢のこと

※身体部位名について