最近読んだ本/MURATA | ブログ | 新着情報 | 株式会社パーソングロー|広島市

最近読んだ本/MURATAブログ

投稿日:2019年09月03日

現在、「やまい一口メモ」という鍼灸師の先生が書かれた本を読んでいます。

これは健康について、東洋医学的な観点から解説しているものです。

ホームページでも紹介されているものをここでも少し紹介したいと思います。

〜運動について〜

運動をする時に必ず意識しなければならないことは、呼吸です。

ゆったりとした体の動きは、呼吸に合わせて行います。

体の組織は息を吐くと締まり、息を吸えば緩むのです。

ですから息を吐く時には、腕を下すとか体を曲げるなど体を縮める動作がよく、息を吸う時には、反対に腕を伸ばすとか足を広げるなど体を緩める動作が適していることになります。

運動は、むやみに筋力を強めることが目的ではありません。

外気と内気を十分に交換して、体の気のめぐりを整えることが本来の姿です。

〜脳の機能について〜

脳の機能低下を防ぐ方法をいくつか挙げてみましょう。

1)舌を出す

これは舌の根が引っ張られるほど十分に出します。一日一回、夜就寝前。一二〇回程度を限度とします。年単位で続けます。舌の運動は、脳の熱を下げます。

2)手や足の爪の根を内外から挟み圧迫する

ゆっくりじわっと二~三回繰り返し、痛みの強い指(趾)は丹念にします。

3) 帽子を被る

特に風の強い日、寒い日、夜間などに帽子を被ることはいいことです。寒さや風で頭の芯が冷えるのを防ぐからです。

4)洗髪を避ける

体調のすぐれない日、風の強い日、月経の時、入浴の洗髪を避けます。

裸のままで髪を洗うとかなり体は冷えます。

この本を書かれた先生は身体の冷えに対して治療をされています。ここでいう冷えとは単純に寒い冷たいなどだけでなく、元々持っている生命力の低下のこともいいます。

この本ではその冷えを解消できるようなアドバイスが載っており施術者だけでなく、患者さんも参考にできる物だとおもいます。

ホームページも載せておくのでよかったら読んでみて下さい。

http://shakuju.com/taishido/yamai-select

新着情報一覧

< 1 23 4 >